女心がわからない男性必見!女心をつかむ復縁の考え方

この記事を読む前に必ずご確認下さい。
秋彼岸の今、スピリチュアルパワーが高まり、より正確にあなたが復縁したい彼との「復縁の可能性」「復縁する為にやるべき事」を無料鑑定できます。

復縁業界では日本一と呼び声の高い特別な占いで、あなたの復縁を叶えます。

無料鑑定はこちらをクリック!
※20歳未満の方は無料鑑定をご利用できません。

今回は「女性の心理」についてご紹介します。

恋に悩む男性は沢山いらっしゃいますが、悩みの根底にあるのは「女心がわからない」というものでは無いでしょうか。

お相手と過ごす中で

「どうして彼女はあんなに怒ったのだろう。」

「何が気に入らなかったのかな」

このように感じた事はありませんか?

そこにはちゃんと理由があり、背景には【男女の考えの違い】が隠されています。

ここではあなたに知っておいてほしい女性の特徴を3つにまとめて、提示させて頂きますね。


【プレゼント】絶対に復縁したい人、必見!

もしも、あなたが1日でも早く復縁を叶えたい!と思っているのなら、当サイトが自信を持ってオススメする、メール占いか電話占いをお試しください!

紹介する2つの占いは、

「半信半疑だったけど、占い師さんの言う通りに試して相手との距離が縮まった!」

「占い師さんの言うことが当たりすぎてて怖いくらいだった。でも鑑定のおかげで復縁を叶える事ができた!」

このような多くの方からの感謝のメッセージが届いております!

どちらも初回無料なので、今すぐどちらか片方だけでも試す事をおすすめしますよ!

もしも時間があるのなら、両方試していただいても問題ないので、期間限定の初回無料でお得に復縁を成就させましょう!

①理性よりも感情に生きる

感情よりも理性に生きる男性に比べ、女性はその場の感情を軸に行動します。

だからこそ、感情に訴えかけるアプローチが効果的と言えるのです。

ポイント
例えば、メールを送るのであれば「この人とメールするのは楽しい」と思って頂けるよう進める必要がありますから、お相手を褒めるような内容や明るい話題を題材にするのもお勧めです。

②直感的に物事の真理をみる

物事を、理論的に深く考える男性に比べて、女性は直感的に物事を判断します。

その為、「正しい」「間違っている」という常識に基づいた判断を嫌う傾向も強いです。

また、その場の雰囲気が楽しいかどうかを大切にするので、結果では無くその行程の行動を褒めたり、お相手の気持ちを先回りした言動をするとより好意を引き出せますよ。

③他人の暗示や示唆によって決断する

あなたが何事も自分の中で解決しようとするのに対し、女性は周りの意見を大切にします。

これは周りにも「あなたの意見を大切にしているよ」というアピールをして無用な争いを避けようという心理が働くからなのです。

そんな時は「自分で考えればいいのに」と否定するのではなく、「調和を大事にしているんだな」と評価してあげましょう。

また、共感を求めるのも女性特有の傾向ですので、悩み相談をされたりした時も、大真面目にアドバイスをするのでは無く、まずは頷き、否定をしない姿勢で望んで下さい。

そうすれば必要の無い喧嘩も起こることはありません。

以上を踏まえ、アプローチしていくに当たって、「自分の気持ちをわかって欲しい」と押し付けるのは逆効果となってしまいますから、女性の心を上手に掴んで「理解したい」と思わせるのがポイントですよ。

  • 褒める
  • 同調や共感を示す

この2つのテクニックを磨き、「女心がわかる男性」を目指していきましょう!

あなたは、1日でも早く復縁したいですか?

もしも、あなたが、

「できるだけ時間をかけず直ぐに復縁したい…。」

「元カレに新しい彼女が出来てしまう前に、絶対に復縁したい…。」

と、思っているなら、一人で悩まないで下さい。

日本最大級の在籍セラピスト数を誇る、大人の復縁相談室の復縁セラピストが、あなただけに合った復縁プランを、メールで教えてくれます。

あなたの状況を得意分野とする復縁専門のプロが、今だけ無料でアドバイス!

1日でも早く復縁したいなら、 どんな状況でも復縁させてしまう魔法のアドバイス を参考にしてみてください。

※携帯やスマホからご相談の場合は、【@otonano-fukuen.com】からの返信を受け取れるようご設定下さい。

この記事はアナタに役立つ情報でしたか?

もしも、役立つ情報だと感じたら、下記のブログランキングのボタンのクリックを宜しくお願い致します。


にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ
にほんブログ村

恋愛・結婚(復縁) ブログランキングへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です