失恋して死にそうに辛い・苦しい、立ち直れない時の対処法4つ

20歳以上の女性は必ずご確認下さい

失恋はしたくない、するとは思わなかったという気持ちがあったからこそ、その反動でショックを受けたり苦しさを感じてしまうものです。

将来を誓っていたり、絶対に別れないと言われていたり、お互いの絆を確かめ合えていればいるほど、別れを受け入れられないものです。

辛さに耐えきれず、命を諦めてしまう人もいます。

ですが、失恋というのは全ての終わりではなく、時に始まりでもありますから、その時の辛い感情で全てを決めてしまうのは早い事もあるのです。

何をしても苦しい、ネガティブにしか考えられないという気持ちもある中でも、そんな自分を変えたい・抜け出したいと思うからこそ、この記事を見ているのだろうと思うのです。

そんな失恋して死にそうに辛い・苦しい、立ち直れない時の対処法を4つ、お答えします。

自分にご褒美をあげる

失恋をする中で、あなたの中では「どうにか良い関係でいたい」と考えながら頑張ってきた事も多くあるはずです。

その努力が失恋となってしまった事で悲しかったり、自分の愛情や気持ちが伝わらなかったという思いで辛さを抱えているのかもしれません。

責められて別れた人もいるとは思いますが、あなたはとても頑張ったのです。

だからこそ、失恋して状況をマイナスに考えてしまう前に

「自分はこれだけ頑張った」

「認められなくとも、私は私の行動に自信が持てる」

「私がした事は決して間違いじゃない」

という思いで自分を認めてあげる事が大切になります。

頑張った自分に対して、美味しいご飯を食べたり、少し奮発して買い物をしたりと、自分にご褒美をあげる事で自分を認めてあげるのです。

ポイント
そうする事で、自分の頑張りを自分が受け入れるという姿勢になって、責めるという気持ちもなくなっていくのです。

家族や信頼出来る友達との時間を持つ

自分の事をよく分かっている人と過ごす時間や存在は貴重なものだからこそ、あなたを許し受け入れてくれるという状況に甘えましょう。

あなたが大切だと思って接すれば、自然と相手もあなたの味方になりますし、その為に出来る事を最大限やろうと意気込んでくれます。

もしくは、何もせずただ隣りにいて、あなたの心が落ち着くのを待ってくれるはずです。

そこであなたは「1人ではない」と実感する事で、孤独感や喪失感を和らげられます。

何もやる気が起きないという状況かもしれませんので、仕事を休んで家族や信頼出来る友達との時間を優先するというのも良いと思うのです。

失恋を苦しく感じてしまう時というのは、何をしてもうまく出来る想像が持てなかったり、自分が必要とされていないような感覚を持ちやすいものです。

だからこそ、「1人ではない」という実感を持つ事は、結果的にあなたの心を癒す状況となり、少しずつ辛さも軽減させていけるようになります。

ポイント
1度だけでは難しいでしょうから、時間を見つけて定期的に行っていく事が大切です。

何より「自分の辛さを受け入れてくれる」という事が、あなたの気持ちを優しくさせていきます。

自分を責めるのではなく、褒める

別れの中でやはり後悔を抱える人は多いものです。

20歳以上の女性は必ずご確認下さい
<今すぐ>無料で復縁鑑定します

・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?


これらの悩みを奇跡のスピリチュアル診断で解決します。

復縁業界で今注目の奇跡のスピリチュアル診断で、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けしますので、この機会にぜひご活用ください。
※20歳以上の女性限定です
※結果はその場でわかります

反省をするというのは今後に活かせる事でもありますから、とても良いのですが、ただ自分ばかりを責める状況となってしまうと、そんな自分から脱却が出来なくなってしまいます。

「どうせ私はこういう人だから」

「私は幸せになれない」

こんな決めつけを自分にしてしまっては、辛さばかりが募ってしまい、今後の自分に期待も自信も持てなくなってしまうのです。

反省した分はそれだけ2人の関係を見つめ直せた証でもありますから、自分を責めてしまうのではなくて、そんな自分を褒めてあげて欲しいのです。

「このまま気付けなかったら、彼の優しさにも気付けなかった」

「自分を変えたいなんて、普通はこんなに強く思えない」

マイナスに感じてしまう状況の中でも、良い部分は必ずありますから、そこを褒める事で今後の行動もとても前向きなものになっていきます。
ポイント
自分を愛せないままでは、誰かを愛する事は出来ません。

まずは自分の良さを自分が感じてあげる事で愛される自分を形成する土台となり、以前とは違う自分を見せられるようになるのです。

別れを無理に忘れようとはしない

別れはとても辛いものだからこそ、早く元彼や元彼女を忘れようとするものです。

しかし、忘れようと他の存在を無理やり求めたり、誰でもいいからという思いでお付き合いを始めても、良い方向に進めればもちろん良いのですが、たいていは結果的により傷ついてしまうだけになる事が多いです。

それはあなたが「自分の為の行動」が出来ていないからです。

前項でもお話ししたように、相手を愛していくためにはまず自分を愛する事ですが、無理やり忘れようとして辛くなってしまうというのは、極端にいえば心の自傷行為でもあると思うのです。

無理をしているという事は、本当は望んでいないということです。

ですので、無理に忘れるということはしなくて良いのです。

それよりも、別れとなって気付けた事に向き合ったり、お付き合いの中で自分がマイナスに変わっていた部分を見つめ直す中で

「今度はこんな自分になりたい」

「お相手様の好きだと言ってくれた自分になる」

という意識に繋げた方が、自分の為の行動をする事が出来ます。

苦しさから逃れるための行動となってしまうと、一時的に出来ていてもまた同じ繰り返しとなってしまう事で、より苦しくなる時もあります。

自分を愛する為に、自分の為の行動をする事が大切です。

失恋して死にそうに辛い・苦しいと思っても突破口は必ずあります

愛する人の存在を身近に感じられない苦しみ、辛さというのは、どうにも出来ないという訳ではなく、あなたがそんな自分を受け入れる事で「苦しいのは当然」と思って良いのです。

どうしようもない自分を受け入れてこそ、その後に何が出来るのか、何をしていけば良いのかを考えていく事が出来ます。

そこに至るまでに人によって様々な時間がかかるのは事実です。

ですが、こうした対処法を知っておく事で、孤独に悩んでしまうだけの時間を少しずつでも解消し、新しい自分や本来の自分を持てるようにしてください。