別居の復縁期間・冷却期間の取り方

20歳以上の女性は必ずご確認下さい

突然別居を言い出され、これからどうすればいいのだろうかと途方に暮れているあなた。

もう復縁なんて無理ではないかと諦めてしまっていませんか?

確かに根気のいる事ですし、あなたが変わろうとする強い意志を持たなければ叶えるのは難しいです。

ですがちょっとした意識を変えるだけで、少しずつ相手の気持ちを取り戻していけるようになっていきます。

この「別居の復縁期間・冷却期間の取り方」を、関係改善の参考にしてください。

相手の気持ちを理解しよう

あなたは今きっと

「別居なんてしたくない」

「一刻も早く一緒に暮らしたい」

という思いで一杯ですよね。

しかしその気持ちをただぶつけただけでは、相手の気持ちは決して戻りません。

別居したくないあなたと、別居して離婚までも視野に入れている相手。

どちらかが歩み寄らなければ気持ちが交わる事は無いのです。

まずは今相手がどんな気持ちでいるのかを理解しましょう。

何故別居したかったのか。

あなたと一緒に過ごすのが気まずかったからでしょうか。

一人になって考える時間が欲しかったからでしょうか。

お互い一度離れた方が喧嘩にならなくて良いと考えたからでしょうか。

その根本が分かれば、相手があなたにどんな気持ちを抱いているかは見えてきます。

あなたが今悲しかったり辛かったりするように、相手も腹立たしさやもどかしさを感じているのです。

ポイント
相手の表情や言葉一つ一つを思い返し、「別居」という決断をするに至った根本の気持ちを探り出しましょう。

自分を見つめ直し、自己改革

相手の気持ちが見えてきたら、相手をそう思わせた原因であるあなた自身の行動を見つめ直します。

簡潔に言えば、その部分を改善出来れば相手の気持ちを取り戻す事は出来るのです。

あなたの感情的な振舞いに相手を怒らせていたのなら、落ち着いて冷静に振る舞えるように意識しましょう。

その場で自分が思った事をそのまま伝えるのではなく、

「こう言ったら相手はどう思うかな」
と一度考えて立ち止まるのです。

相手の感じ方まで考えられれば、その言葉は伝えて良いものかどうか、表現は変えるべきかどうか見えてきます。

「自分が相手から言われたらどう思うかな」
と考えてみると分かりやすいですよ。

あなたの家庭的な魅力の無さに相手が嫌気がさしてしまったのなら、料理や掃除等一から学び直すつもりで取り組みましょう。

相手の喜ぶ料理は何だったか、掃除する際どんなところに気が回っていなかったか。

家事は一人で過ごす際にもやらねばならない事ですから、日頃家事をこなす中で

「以前はここは出来ていたかな」
と振り返る癖を付けて下さい。

出来ていない部分は書き出し、徹底的にやれるように身に付けます。

結婚生活において最も重要ともいえる「家庭」としての居心地の良さを相手に感じてもらえるよう、家庭的なスキルを磨いていきましょう。

あなたが女性としての振舞いに欠け、相手がそれに幻滅してしまったのなら、髪型やメイク、ファッション全てを見直しましょう。

夫婦になるとどうしても家族という意識が強くなる為におしゃれや新鮮さをおろそかにしがちですが、大好きだった女性が女性としての魅力を放棄してしまうのを見るのは辛いものです。

ダイエットに励むもよし、ファッションを変えてみるも良し。

ポイント
あなたを「可愛い」と言ってくれていた相手を思いだし、もう一度ドキドキしてもらえるように自分磨きを頑張って下さい。

連絡は必要最低限に抑えよう

いくら自分を見直して頑張っていても、やっぱり相手との繋がりを大事にしたいもの。

連絡手段があれば出来るだけ沢山連絡を取りたくなるでしょう。

別居前と変わらないような他愛無い連絡をしてしまったり、必要以上に何度も謝罪の連絡をする方が多いのですが、これはやってはいけないタブーです。

相手は厳しい言い方ですがあなたとの関わりを無くしたくて別居を選んだのですから、用件も無いのに他愛無い連絡をしても

「結局自分の都合で連絡してくる」

「一人になりたいのに、面倒だ」

と感じてしまい最悪の場合連絡自体を拒否されてしまう恐れも御座います。

かといって反省した様子を見せようと何度も謝罪しても、

「許して欲しいだけで何も変わってないな」

と思われ、印象は悪くなってしまう一方です。

ですから連絡は必要最低限に控え、家賃等お金の事やお子様と会う予定等を確認するのみに留めましょう。

ただその際、文末に

「では、風邪引かないように気を付けて下さいね。」
といった気遣いを入れるのは忘れないで下さいね。

大まかな連絡ステップ

大まかには、

①必要最低限の連絡に確実に返信が来るようになったら

②確認しておいた方がいいかなというくらいの簡単な用件で連絡

③相手への気遣いの連絡

④他愛無い連絡

となります。

返信の必要性を徐々に下げていくのです。

②は例えば、

  • ××の部屋に△のストックがあったか見ておいてもらえるかな

といったような相手に訊くのは自然だけれども今すぐに訊く必要はないといった内容です。

③は、

  • インフルエンザが流行っているから気を付けて

といった体調等を気遣う連絡ですね。

返信の必要性は無いので負担にはなりませんし、気遣われて嬉しいという気持ちを与えられます。

ポイント
段々と他愛無い話題にシフトしていき、日常会話が問題無く出来るようになれば別居解消も間近でしょう。

会えるようになったら

お会いする事に抵抗が無い状態でしたら、あとは%USER_NAME2%さんの魅力や変化を存分にアピールし

「帰って来て欲しい(もしくは、帰りたい)」
と思わせていきます。

お会いしている時間は友人のように笑顔で気兼ね無く接し、その中で別居中に身に付けた振舞いや自分磨きの成果を出していき

「前とは違うな」

「今ならやり直せるかも」

という意識を高めて参りましょう。

小さな事でも相手を誉めて立てたり、相手に気遣いを見せていく事で

「きっと僕といた方が幸せだ」
と感じさせていくのです。

別居になったとしても夫婦関係の改善は必ずできます

いかがでしたか?

別居となると寂しさも募りますし、その分焦りも出てきます。

でもその気持ちだけ持っていても相手との距離は縮まりません。

ですから、

  • 相手は今どんな気持ちなのか
  • 別居するまでどんな気持ちだったのか
  • 何故その気持ちにさせてしまったのか
  • そうさせない為にどう自分が変わるべきか
  • 変わった自分をどう見せていくか

という点を1つずつクリアし、あなたの方から相手に歩み寄って参りましょう。

離れた事で見えてくるものも必ずありますから、現状を嘆くのでは無く、少しでも改善させる為に1日1日を過ごしていきましょうね。